2013年08月29日

Mother Goose - Hickory Dockory dock


また Mother Goose のお話です。前にも書いたように Mother Goose は絵の付いた本でできれば音も付いたものを読んで聞いてみたいといろいろ調べてました(凝り性なもので)。
最初は Kindle 本です。もとの本は 1900 年台の初頭に出版されていますが、もう絶版のようです。kindle 本のページには「ハードカバー」のリンクがありますが新品は別の本なのでご注意を。この Kindle 本は元の本を4冊に分けて Kindle 本にしてあります。各ページに元の本のページの画像があってファイルが大きくなるからだそうです。実際、ページをスキャンした画像では文字も読み取りにくいので活字がある方がいいですし、Kindle Fire HD では読み上げてくれます。ページの画像はタップすれば拡大します。値段は 235 円なので 4 冊買ってもそれほど高くはないです。僕は絵が気に入って紙の本が欲しいと思って注文しましたが実際は別の本でした。残念です。"Hickory, dockory, dock" のページで読み上げも含めたデモを作ってみたので視てください。この本では "Dickry, dickry, dock" となってました。こういう伝承のものは時代や地域で変わるのでしょうね。

ついでに間違って買ってしまった「Mother Goose」のハードカバーとついでに買ったペーパーバックも紹介しておきます。


ハードカバーのほうはまさしくハードカバーでそれも大判です。GYO FUJIKAWA という方が作者で可愛いイラストがいっぱいあります。調べてみると GYO FUJIKAWA さんは日系二世の方のようでイラストレーターおよび著者として50冊以上の本に関わっておいでのようです。この本は大判のページにところ狭しとカラーまたは白黒のイラストがあります。125ページにわたって約150の Rhyme がのっていますが、すべての Rhyme に挿絵があり、目次と索引があるのが特徴です。見開きのページのカラーのイラストは見ごたえがあります。絵が可愛いので女の子なら読めなくても喜ぶと思います。まあこれで1000円ならいいかと思って返品はやめたという次第です。
ペーパーバックのほうは表紙の印象が良かったのと、中身を見て各ページにイラストがあったので、安かったことおあり買ってみました。タイトルは「Mother Goose Old Nursery Rhymes」となっていてそのままです。こちらは原本がいつ出版されたのかよくわかりませんが、各ページにペンで書かれた挿絵があり古そうな印象をうけます。また、Rhyme といいながらも数ページにわたるお話もあります。ページ数も117ページで厚さも1センチもないのでカバンに入れて持ち歩いてもいいと思います。目次はありませんが索引はあります。
次の動画はこのペーパーバックとハードカバーの「Hickory, dickory, dock」のページ、およびハードカバーの白黒とカラーの見開きのページの紹介です。朗読は、前回と同じリサ・ステッドマイヤーさんの「こころに残る英語」の付録CDから、歌は "Wee Sing 25th Anniversary Celebration" のCDからです。

このCDは今は販売されてないようで同じ内容の「The Best of Wee Sing」が販売されているようですがペーパーバックとなっていますのでCDがついてないようなのでご注意を。Wee Sing についてはまた改めて紹介します。

では、Happy Reading!
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
ラベル:picture book YL1
posted by モーリン at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

Mother Goose の本 - Humpty Dumpty

最近 Mother Goose に興味を持ってます。というのは、英語の本をもっと深く味わいたいなら英語圏の人達が子供の頃から親しんでいる Mother Goose を知っておいたほうがいいと思ったからです。
実は僕は Mother Goose は 1 つの内容の決まった本だと思っていたのですが、どうも昔から伝承されているはやし歌や子守唄、昔話などをひっくるめて Mother Goose というようで、お母さんが子供に話したり聞かせたりするものが中心のようです。日本で言えば、かごめかごめや、通りゃんせ、そして桃太郎やうさぎと亀などの昔話がこれにあたります。このような歌やお話は子供の頃から何度も聞かされほとんどの人が常識的に知っています。だから Mother Goose は欧米人にとってそのようないちいち説明する必要のない常識的なものです。日本人の場合、「君はうさぎと亀の亀のような人だね」と言えば意味が通じます。同じように欧米でもある程度の年齢以上を対象にした読み物には Mother Goose の常識が持ち込まれます。長くなりましたが、これが Mother Goose に興味を持った理由です。

Mother Goose をタイトルに掲げた本は無数にあります。Kindle では無料で手に入る本がたくさんありますが殆どは字ばかりで絵がありません。ところが、Mother Moose ははやし歌や言葉遊び (rhyme) も多く絵がないとわかりにくいです。また、ぜひ読み聞かせで聞いてみたいものです。ということで、選んだのがこの本です。実はこの卵オヤジの Hampty Dumpty が壁から落ちるところの絵はよく見かけるのですが最後の "together again" の絵が載っているものを見たことがなくこの本でやっと分かりました(風刺が含まれているらしいことも)。この Humpty Dumpty の見開きのページにリサ・ステッドマイヤーさんの朗読を重ねて YouTube に上げてみましたので視てやってください。朗読はリサさんの『こころに残る英語』の付録CDのものです。この本はもう絶版になっていて中古のみが入手できるようです。





ところで、Kindke Fire HD では文字ベースの本は読み上げてくれる機能があり、0.7 倍速から 4 倍速が設定できます。同じ Humpty Dumpty を Kindle Fire HD に 0.7 倍速で読ませてみましたのでこちらも聞いてみてください。


ところで Amazon で8月末までまた Kindle Fire の 3000 円引きキャンペーンをやってます。私は7月頭に同じ 3000円引きで買いましたが、カラーのきれいな洋書の無料本をたくさん入手できたりして満足しています。YL2 程度の無料本もたくさんあります。
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
ラベル:YL1 picture book
posted by モーリン at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

A Polar Bear Can Swim (PER2)


今日久しぶりに多読紹介のホームページを書いていて、いろいろ調べているうちに懐かしい本に出会いました。
この本は、まだ YL 1 を読んでいた頃すごく気に入っていた本で、持ち歩いて何回も読んでいました。物語ではなくサイエンスブックとなっていて、、同じ言い回しが繰り返されていろんな動物が出てくるのですが、絵が楽しいのと繰り返される言い回しの調子がいいので好きでした。
きっと、皆さんも読めば好きになりますよ。子供も好きだと思います。


(YL 1.5, 210 words) SSS書評
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
posted by モーリン at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

Little Witch Goes to School (SIR2)


Little Witch はいい子ちゃんの魔女です。今日から友達はみんな学校で遊び相手がいません。Little Witch はお母さんに「いい子にするから学校に行っていい?」と聞きますがだめだと言われます。「じゃあ、悪い子にするから」と言うと「じゃあ、行っていいわ」と言われました。どうしてなのでしょうか。そして Littlw Witch は、虫食いりんごとキャンディボックスを持たされて学校に出かけます。果たして、学校で Little Witch は・・・。

Little Witch は、Step into Reading の中で好きなシリーズですが、文よりも絵が気に入っています。約50ページにすべてカラーの絵があり、文の長さは10ワード以内、1ページの語数は30ワード前後、本の総ワード数は約1500ワードです。このシリーズは4冊あるのですが、「Little Witch's Bad Dream」はもう廃版になっているようで US の Amazonn でも新品の販売はありません。

(YL 1.5, 1299words) SSS書評 にほんブログ村 本ブログ 洋書へ(にほんブログ村)
posted by モーリン at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

Frog and Toad Are Friends (ICR1)


Frog と Toad は仲良しです。春が来て外に出ようと Toad を誘いに来た Frog ですが Toad はまだ寝ていたいと言って起きてくれません。そこで、Frog が思いついたアイデアとは。


この「SPRING」をはじめ、「THE STORY」、「A LOST BUTTON」、「A SWIM」、「THE LETTER」の 5 話が収まっています。今読んでみると、"meadow" なんて単語もあって多分以前はわからずに読んでたんだろうと思いました。それに "think of a story" が何回も繰り返されてたりして、こうやって言い回しを覚えるんだなと思いました。
Frog and Toad シリーズは日本の小学校の国語の教科書にも載ってるそうですね。Toad がボケで、Frog がツッコミのような感じでいい味を出していますね。Frog and Toad をはじめ Arnold Lobel の本は文も絵も Lobel が書いてます。私は、ほかの Lobel の本も好きです。

(YL 1.5, 2,275 words)  SSS書評

ところで、別の記事で書いた SEG でやったタドキスト大会の第1回で「Writing コンテスト」をやりました。テーマは 「Love or Money?」(たぶん、Oxford Bookworms からの引用だと思います)で100語以内で書くとうことで参加して賞をもらったのを思い出しました・実は、ネタに Frog and Toad を使ったのです。自己満足ですがここに掲載します。2003 年 11 月に書いたものですので、文法的な間違いはご容赦を。

「Toad get in trouble」

One day, Toad got a air ticket to New York by a lotterly.
Then he went to New York, and went to Starbucks.
He had tasted his first Seattle coffee. But he don't have money. Then he could not pay for his coffee.
Now Toad is a prisoner.
And he wrote letter to Frog for help.
A week later he got a letter from Frog.
And the letter said,
"Sorry, I can not send money.
I don't have any money. Because we don't need money in our world.
I miss you.
Love.
Frog"
Toad sighed, and said to himself, "I know he LOVE me. But I need MONEY now."

The end


<=「Love or Money?」

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
posted by モーリン at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする