2014年02月24日

The BFG


たまたま優しい巨人 BFG にさらわれた Sopie は、他の9人の巨人が毎晩人間を食べに行っていると聞いて、なんとか止めさせることはできないかと BFG と一緒に考えます。さて、Sopie と BFG はどうやって巨人達に人間を食べるのを止めさせるのでしょうか。

この小説は Dahl の作品の中でもすごくおもしろいと思います。でも、BFG の話す英語が文法的に不正確で、その上ことば遊びをするので理解しづらいところがあるので、教育熱心な親はあまり好まないかもしれません。Junie. B. も一部の親には不評らしいですから(もちろん英語圏で)。でも、この作品は Dahl 自身が遊んでいるところもあり人間を皮肉っているところもあるので、そういうところが読み取れるとすごく楽しめます。

(ここからはネタバレでも問題ない方が読んでください。)
たとえば、BFG は人間の家から拝借した1冊の本を何度も読んで英語を勉強したと言ってます。その本を "Dahl's Chickens の Nicholas Nickleby" と言ってます。もちろんこれは Charles Dickens の間違いなのですが自分の名前を入れる辺りについニヤついてしまいます。それにしても Dahl はよほど Dickens が好きなようで 「Matilda」でもMatilda に「C. S. Lewis や Tolkien はまじめすぎて面白くない。Dickens は面白くていい」と言わしめています。また、巨人が人間を食べると聞いて Sopie が「酷い、なぜ人間は気付かないの」と言うと BFG が "Human beans is killing each other much quicker than the giants is doing it" と言い「巨人は巨人同士で殺し合いはしない」とか「豚は何も悪いことをしてないのに何故殺されるんだと言ってるよ」と反論します。こういった皮肉に3ページも割いてるので子供にもそういったことをわかってほしいと Dahl は考えたのでしょう。また、この本は7歳で病気で亡くなった娘(そして40年以上前にやはり7歳で亡くなった妹)へ捧げる本ともなっているので命の大切さを訴えたい思いもあったのかもしれません。

YL5, 36928 words

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
ラベル:YL5 Roald Dahl paperback
posted by モーリン at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

A CHRISTMAS CAROL (Abridged)


Scrooge は年老いた冷徹なビジネスマンです。そして、ある日突然共同経営者の Marley が亡くなってしまいます。葬式は質素なものでケチな Scrooge はMarley の名前の出ている看板さえ書き換えずに商売を続けていました。そして、クリスマスイブの夜に寝床に Marley の幽霊が訪ねて来て忠告します。他人に冷徹に振る舞っていると死んでからろくな目に会わないというのです。そして自分はもう時間がないが代わりに3人の霊が訪ねてくるだろうと言い残して去っていきます。さて、何が起こるのでしょうか。

クリスマスは過ぎてしまいましたが、何年も前に買っていた Abridged 版の A Christmas Carol を今年こそはと読みました。この本は、写真や挿絵のきれいな旅行ガイドなどを出版している DK (DORLING KINDERSLEY) の本です。やはり、きれいな写真や挿絵が入っていて、本文以外に A Crismas Carol が書かれた当時の社会のことや物語の中に登場するものの説明があります。たとえば、"forfeits" という遊びの説明やクリスマスの食卓に上がる "punch" や "brawn"、"Chrismas Pudding" などの写真付きの説明があったりします。また、クリスマスに食べる鳥の丸焼きは Goose は貧乏人が食べるのが普通で金持ちは Turkey を食べるという説明があります。英語圏でも、現代の子供が Dickens の小説を理解するためには知る必要のある知識がかなりあるのですね。こういった説明は本文のあるページの端に細かい字で書いてあり、解説だけをしているページも字が小さいので、解説と説明の量は本文より多いと思います。説明を見ながら読むのは SSS多読のやり方ではないですが物語をより深く理解できたのは確かです。 また、Andrew Sachs による65分の効果音入り朗読 CD が付いてます。語数は解説も含めて1万語前後だと思います。これで、$9.99 なので安いのですが、今は Amazon に在庫がなく業者からだと 4000円以上するみたいです。
Xmas Carol1Xmas Carol2
A Christmas Carol は Charles Dickens が 31 才のとき (1843年) に6週間で書き上げクリスマス前に出版しました。当時のイギリスは貧富の差が最も激しい時期で、1日12時間週に6日、低賃金で働く人も多かったようです。子供の頃に貧乏でろくに教育も受けられなかったため作家になるまで自分自身も working poor だった Dickens は、貧困を何とかしたかったらしいです。それで、クリスマスは人にやさしくする時だと訴えたくてこの物語を書いたそうです。Street children も多かったらしく Dickens は特に貧乏な子供を救うには教育が必要だと考えました。このために、Dickens はチャリティの朗読会を始めて募金を呼び掛け基金を募り慈善の病院や教育機関を作りました。最初の朗読会 (Public Reading) で読んだのが A Chrismas Carol だったそうです。

Happy Reading!

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
ラベル:Dickens YL5
posted by モーリン at 05:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。