2013年11月07日

Sammy The Seal (ICR1)


Sammy は動物園で飼われているオットセイです。ある日、動物園の外が見たくなり飼育員に頼んで外に出かけました。さて、Sammy は何を見てくるのでしょうか。

文もイラストも Syd Hoff が書いています。1つの文はほとんどが5〜6ワードで単語も簡単です。また、全ページに絵がありほとんどのページが1〜3文です。子供用の本らしく単語を入れ替えただけで同じ文を繰り返す手法でいろんな動物の名前を紹介しています。気になるのは、あの慣用句が最後のオチなのですが、英語圏でも小学校に上がったばかりのこどもには理解できるのかなと感じたことですが、わからなくてもあまり問題はないのでしょう。
YL0.5  748 words SSS書評
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ(にほんブログ村)
タグ:YL0 ICR
posted by モーリン at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

Stink:The Incredible Shrinking Kid

Judy Moody の中で神経質で真面目な Judy とは正反対のキャラの弟 Stink が独り立ちして主人公として活躍しているシリーズの1巻目です。
Stink は2年生の中で一番背が低く、すごく気にしています。毎朝 Judy に身長を測ってもらうのですが身長はいつも一緒です。家族は牛乳を飲めとか勝手なことを言います。そのうち Stink はクラスで飼っているイモリを週末に預かることになるのですが、Judy がいつもの調子で問題を起こしてしまいます。神経質な Stink とお気楽な Judy との絡みがおもしろいです。そして最初はからかっていた Judy も最後はやっぱりやさしいお姉さんでした。

YL2.5 5085words SSS書評 にほんブログ村 本ブログ 洋書へ(にほんブログ村)
タグ:YL2 Judy Moody
posted by モーリン at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

Mother Goose - Hickory Dockory dock


また Mother Goose のお話です。前にも書いたように Mother Goose は絵の付いた本でできれば音も付いたものを読んで聞いてみたいといろいろ調べてました(凝り性なもので)。
最初は Kindle 本です。もとの本は 1900 年台の初頭に出版されていますが、もう絶版のようです。kindle 本のページには「ハードカバー」のリンクがありますが新品は別の本なのでご注意を。この Kindle 本は元の本を4冊に分けて Kindle 本にしてあります。各ページに元の本のページの画像があってファイルが大きくなるからだそうです。実際、ページをスキャンした画像では文字も読み取りにくいので活字がある方がいいですし、Kindle Fire HD では読み上げてくれます。ページの画像はタップすれば拡大します。値段は 235 円なので 4 冊買ってもそれほど高くはないです。僕は絵が気に入って紙の本が欲しいと思って注文しましたが実際は別の本でした。残念です。"Hickory, dockory, dock" のページで読み上げも含めたデモを作ってみたので視てください。この本では "Dickry, dickry, dock" となってました。こういう伝承のものは時代や地域で変わるのでしょうね。

ついでに間違って買ってしまった「Mother Goose」のハードカバーとついでに買ったペーパーバックも紹介しておきます。


ハードカバーのほうはまさしくハードカバーでそれも大判です。GYO FUJIKAWA という方が作者で可愛いイラストがいっぱいあります。調べてみると GYO FUJIKAWA さんは日系二世の方のようでイラストレーターおよび著者として50冊以上の本に関わっておいでのようです。この本は大判のページにところ狭しとカラーまたは白黒のイラストがあります。125ページにわたって約150の Rhyme がのっていますが、すべての Rhyme に挿絵があり、目次と索引があるのが特徴です。見開きのページのカラーのイラストは見ごたえがあります。絵が可愛いので女の子なら読めなくても喜ぶと思います。まあこれで1000円ならいいかと思って返品はやめたという次第です。
ペーパーバックのほうは表紙の印象が良かったのと、中身を見て各ページにイラストがあったので、安かったことおあり買ってみました。タイトルは「Mother Goose Old Nursery Rhymes」となっていてそのままです。こちらは原本がいつ出版されたのかよくわかりませんが、各ページにペンで書かれた挿絵があり古そうな印象をうけます。また、Rhyme といいながらも数ページにわたるお話もあります。ページ数も117ページで厚さも1センチもないのでカバンに入れて持ち歩いてもいいと思います。目次はありませんが索引はあります。
次の動画はこのペーパーバックとハードカバーの「Hickory, dickory, dock」のページ、およびハードカバーの白黒とカラーの見開きのページの紹介です。朗読は、前回と同じリサ・ステッドマイヤーさんの「こころに残る英語」の付録CDから、歌は "Wee Sing 25th Anniversary Celebration" のCDからです。

このCDは今は販売されてないようで同じ内容の「The Best of Wee Sing」が販売されているようですがペーパーバックとなっていますのでCDがついてないようなのでご注意を。Wee Sing についてはまた改めて紹介します。

では、Happy Reading!
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
タグ:picture book YL1
posted by モーリン at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣児童書 YL1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。